キャッシング情報によって信用情報に傷がつく?

キャッシングを利用するときに注意しなければいけないのが、利用の仕方によっては信用情報に傷がつく可能性があるということです。金融機関でお金を借りると、信用情報機関にその借り入れ内容や個人情報など、キャッシング情報が記録されることになります。そのキャッシング情報の中には、返済状況も記録されます。この返済中に金融事故を起こしてしまえば、信用情報に傷がつくことになります。

この信用情報に傷がつくと、今後の金融機関からの借り入れに影響します。自動車ローンや住宅ローンを利用するときにも、金融機関はこの信用情報を必ず確認をして審査をおこないます。信用情報に傷がついた状態では、金融機関でこの自動車ローンや住宅ローンはもちろんのこと、消費者金融審査甘いやカードローンなども利用できなくなる可能性があります。

金融事故とは、数ヶ月にも及ぶ延滞をしたり、任意整理や個人再生、自己破産などの債務整理をすることをさします。返済遅れなどはキャッシングを利用しているとよくありますが、この状況も信用情報には記録をされることになりますが、すぐに返済をすれば他のローンが利用できなくなるほどの問題はありません。しかし、2〜3ヶ月以上の延滞、2回以上の延滞となると信用情報に傷がつく可能性があります。

長期間にも及ぶ延滞や任意整理などでは最長5年、個人再生や自己破産などでは最長10年はこの情報は消えることはありません。そのため、今後も上手く金融機関を利用していくためには、確実に返済し、計画的な利用が必要となります。

関連記事




コメントはまだありません


Puedes dejar el primero : )



© なかなかおまとめローンの審査に通らない