Blog


キャッシング情報によって信用情報に傷がつく?

キャッシングを利用するときに注意しなければいけないのが、利用の仕方によっては信用情報に傷がつく可能性があるということです。金融機関でお金を借りると、信用情報機関にその借り入れ内容や個人情報など、キャッシング情報が記録されることになります。そのキャッシング情報の中には、返済状況も記録されます。この返済中に金融事故を起こしてしまえば、信用情報に傷がつくことになります。

この信用情報に傷がつくと、今後の金融機関からの借り入れに影響します。自動車ローンや住宅ローンを利用するときにも、金融機関はこの信用情報を必ず確認をして審査をおこないます。信用情報に傷がついた状態では、金融機関でこの自動車ローンや住宅ローンはもちろんのこと、消費者金融審査甘いやカードローンなども利用できなくなる可能性があります。

金融事故とは、数ヶ月にも及ぶ延滞をしたり、任意整理や個人再生、自己破産などの債務整理をすることをさします。返済遅れなどはキャッシングを利用しているとよくありますが、この状況も信用情報には記録をされることになりますが、すぐに返済をすれば他のローンが利用できなくなるほどの問題はありません。しかし、2〜3ヶ月以上の延滞、2回以上の延滞となると信用情報に傷がつく可能性があります。

長期間にも及ぶ延滞や任意整理などでは最長5年、個人再生や自己破産などでは最長10年はこの情報は消えることはありません。そのため、今後も上手く金融機関を利用していくためには、確実に返済し、計画的な利用が必要となります。

Read more...



簡単に借りられて返済も手間なし

銀行カードローンを選ぶ時に大切なことは金利でしょうか?それとも必要な金額まで借りられるような限度額の大きさでしょうか?どちらも大切なのですが、借り入れや返済を繰り返して利用できるというカードローンの特性から考えて重視したいのはその利用方法です。
オリックス銀行カードローンは、金利は業界最低水準、限度額は最大800万円という点から見ると金利と限度額の点からカードローンを選ぶという方にとって、十分なローンスペックと言えるでしょう。しかしそれだけではありません。借り入れの簡単な点、返済方法が選べる点からも大変高スペックなカードローンと判断できます。
オリックス銀行カードローンの借り入れではローンカードを使って提携ATMからお金を借りる方法だけでなく、自分の指定した銀行口座に振り込みを受ける方法もあります。ジャパンネット銀行の口座宛てなら23時50分までに振り込みを依頼した場合は、ほぼ即時対応が可能です。その他の銀行でも、平日の申し込み時間帯によっては即日振り込みが完了します。
振込口座を二つ登録できるのもオリックス銀行カードローンの強みでしょう。登録している返済などにも利用できる口座とは別に、振り込みキャッシングを受ける口座をもう一つ登録することができます。引き落とし口座などを登録しておけば残高不足の時などにも安心ですね。
返済ももちろん利用方法が選べます。自分の指定する銀行口座から毎月の約定返済日に引き落としで返済することもできますし、ローンカードを使って提携ATMから返済することもできます。さらに自分専用の返済用口座に振り込みをすることでも返済可能です。
まとまった金額の借り入れなら長期に渡る返済についての計画は重要ですし、借りたり返したりをするならさっと借りられるか、約定返済や随時返済はしやすいかということはとても大切な点になります。このような使いやすさの点でもオリックス銀行カードローンなら十分と言えるでしょう。

Read more...



なかなかおまとめローンの審査に通らない

「おまとめローンの審査に申し込みをしたけれど、また否決になってしまった!どうしたらいいの?」と途方に暮れている方は多いでしょう。おまとめローンの審査は厳しいという情報などを見かけると「やっぱり自分がまとめることは無理なのだろうか。」と不安になってしまいますが、まずはその審査に通らない理由を考えてみましょう。
延滞記録が残っている方、この場合はどのようなローンも通らなくなるのと同様におまとめすることが難しくなります。収入などとのバランスをみて、あまりにも返済額に無理がある場合はおまとめローンではなく債務整理などの手段を考えなければいけないこともあります。返済が大変で何度か遅れてしまったことがあるという方は、延滞の記録が残っている可能性があります。
債務整理と聞くと、自己破産とすぐに連想してしまいますが、今は借入残高を金融機関と相談の上減らせるような任意整理などもあります。簡単ではないケースもありますので、弁護士などの相談サービスを一度利用してみるのもよいでしょう。
また、おまとめする額が大き過ぎて審査に通らない可能性もあります。この場合は、3社から2社にまとめるといった部分的な借り換えによって解決して、少しでも借入残高を減らしていくしかありません。金利が最も高いローンから借り換えることで、負担を軽くできる事もあります。いずれも現在の返済を見直し、新たに借り変えた場合との比較をきちんとしておくことが大切です。借り換えの手間をかけたのに負担が減らなかった、逆に大きくなってしまったということになっては時間も手間ももったいないですね。
いずれにしても現在の返済に遅れないように意識することが大切です。金利は減らせなくても、返済方法をATM返済から自動引き落としに変更するといったことでも手間を減らせて負担が軽くなることもあります。約定返済日についても変更できないかといったことを検討してみて、毎月の返済額は変わらなくても返済しやすくなる方法をおまとめローンの審査に通るまでは試してみるとよいでしょう。

Read more...


© なかなかおまとめローンの審査に通らない